a

SEO対策Web集客・プロモーション

SEO対策

SEOとは“Search Engine Optimization”の略で、「検索エンジン最適化」を意味する言葉です。GoogleやYahoo!などの検索結果で、自社のWebサイトがより上位に表示されるために行う取り組みのことを「SEO対策」といいます。

検索結果画面では、検索エンジンが高く評価したWebサイトは上位に、悪く評価したWebサイトは下位に掲載されます。つまり、掲載順位を上げるためには、検索エンジンからの評価を高める必要があります。

リスティング広告と違い、無料でできるSEO対策は、Webサイトを制作するうえでは欠かせないものです。しかし、検索アルゴリズムは日々変化しており、最新の情報を持っているかどうかが掲載順位を大きく左右します。

検索結果で上位に表示されるためには、常に最新のSEO動向を意識したWebサイト作りが重要です。

貴社が直面している課題に対し、最適なソリューションをご提案致します。

  • 検索結果画面で上位に表示させたい
  • 自社Webサイトのポテンシャルを引き出したい
  • 自然検索からの集客力をアップしたい
  • 有料広告以外の集客導線を確保したい
  • 対策すべきキーワードを知りたい

SEO対策は、Google向けの対策が重要

日本の検索エンジンといえば、GoogleとYahoo!が挙げられます。そのため、この2つの対策ができていれば、日本においてのSEO対策は充分といえるでしょう。

ところが実は、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを借りて使用しています。つまり、Google向けの対策を行っていれば、Yahoo!もカバーできているということになるのです。

よって国内向けWebサイトのSEO対策は、基本的にGoogleの検索エンジン対策となります。Googleの検索エンジンで高評価を得ることが、集客集向上のポイントです。

SEO対策の種類

SEO対策は、「内部施策」と「外部施策」の二つに分けられます。どちらか一方だけでは掲載順位は上がりません。SEO対策では、内部施策と外部施策の両方とも対策することが重要です。

SEO内部施策

SEO内部施策とは、その名の通り「自社のWebサイト内で行う施策」のことです。Googleの検索エンジンがWebサイト内で評価するポイントは、コンテンツの内容やテキスト量、キーワードとの関連度などです。

例えばテキスト量が少ないWebサイトは、「ユーザーに必要な情報が含まれていない」として、検索エンジンの評価が低くなってしまいます。また、対策したいキーワードをページ内に埋め込んでいないと、「このキーワードとは関係ない」と評価され、掲載順位が上がらない要因となります。

とはいえ、ただ単に対策キーワードを詰め込めばいいというものではありません。極端にキーワードが多いWebサイトは、却って質の低いWebサイトと見なされ、評価が下がってしまうこともあります。SEO内部施策では、検索エンジンのアルゴリズムに合わせて各要素を調整することが重要です。

SEO外部施策

検索エンジンは、「どのようなWebサイトからリンクを貼られているか」というのも評価の対象としています。この被リンクに関する対策が「SEO外部施策」です。

外部からのリンクが多いと、信頼できるWebサイトとして評価は高まりやすくなります。しかし、あくまでも大切なのは、同じテーマのWebサイトや、良質なWebサイトからの被リンクです。 全く関係のないWebサイトや質の低いWebサイトからリンクを受けていると、却って「悪質なWebサイト」と判断されてしまうので注意してください。

SEO対策の進め方

  1. 対策ワード選定
    競合調査

    対策すべきキーワードをお伺いし、キーワードの検索ボリュームや競合他社の対策状況、関連性の高いキーワードなどを調査します。また、現在の貴社Webサイトの掲載順位やSEO対策状況をお調べして、今後の対策フローを設定します。

  2. Webサイト内部の
    改善

    分析結果を基に、貴社Webサイト内で必要なSEO対策を行います。まずは基本的な対策から着手し、既存ページの見直し、コンテンツの追加など、段階的に改善を行います。

  3. 被リンク対策

    検索エンジンは、外部からの被リンクも評価の対象としています。
    対策キーワードに基づき、質の高い被リンクをご提供します。

  4. 検証

    弊社では掲載順位を毎日モニタリングし、施策の効果検証を行っています。
    また定期的に競合サイトの状況を分析することで、貴社サイトの抱える課題を明確にし、改善のための施策を立案します。

  5. 改善

    検証によって見えてきた課題に対して改善を行います。検索エンジン側のアップデートがあった際にも、最新情報に基づき、必要な対策を講じます。

SEO対策の目的

SEOは本来ユーザーのためのものであり、「求めている情報にすぐに辿り着ける」ことを目指すものです。だからこそ、検索エンジンは「質の高いWebサイト」を評価対象としています。

SEO対策は、ただ闇雲に訪問者を増やすためではなく、自社Webサイトにマッチするユーザーを効率的に誘導するために行うものです。適切なユーザーを呼び込むことが、ビジネスの成長へと繋がります。

Services

Column

CONTACT