a

クロスメディアプロモーションWeb集客・プロモーション

クロスメディアプロモーション

クロスメディアプロモーションとは、Web・紙媒体・テレビ・新聞・交通広告など、様々なメディアを組み合わせた広告戦略のことです。例えばチラシなどでで「続きはWebで!」などと謳うのも、クロスメディアプロモーションのひとつです。Webサイトと様々なメディアを組み合わせることで、相乗効果をもたらし、より幅広いユーザーにアプローチできるというメリットがあります。

パソコンやスマートフォンが普及する中で、ユーザーの購買行動も変化してきました。従来の「AIDMAの法則」から、「AISASの法則」へと変化していることからも、Webサイトの重要性が窺えます。

AIDMA(アイドマ)の法則

AIDMAの法則とは、アメリカのローランド・ホールが提唱した、消費者心理のプロセスのことです。ユーザーが商品を知り、購入に至るまでの心の動きを表したもので、広告戦略をたてるうえで重視されてきました。

【A】Attention : 注意
【I】Interest : 興味・関心
【D】Desire : 欲求
【M】Memori : 記憶
【A】Action : 行動

インターネットが普及した現在では、ユーザーの購買行動が少しずつ変わってきています。そこで提唱されるようになったのが、「AISASの法則」です。

AISAS(アイサス)の法則

AISASの法則は、インターネットの普及により生まれた言葉です。従来のAIDMAの法則にはなかった、「Search(検索)」「Share(情報共有)」の2項目が加わり、より現代のユーザーの購買行動に近いものとなっています。

【A】Attention : 注意
【I】Interest : 興味・関心
【S】Search : 検索
【A】Action : 行動
【S】Share : 情報共有

現在では、商品に興味をもったユーザーは、まず「Search(検索)」を行います。そして商品に納得することで「Action(行動)」へと繋がります。

このSerchからActionへの流れをスムーズにするのが、クロスメディアプロモーションです。他メディアを見て興味・関心をもったユーザーに、Webサイトでしっかり情報を提供することで、Actionへと繋げることができるのです。

クロスメディアプロモーションの重要性

近年では、大多数の企業がWebと他メディアのクロスプロモーションを行っています。その理由は、いつでもどこでも情報が手に入るというWebのメリットによるもので、ユーザーにとっても情報収集のための重要な手段となっています。

Webメディアはユーザーの購買行動に欠かせないものになりつつありますが、しかしWeb単体では、その効果を最大限発揮することはできません。他メディアと組み合わせたクロスプロモーションを行うことで、さらに効果を発揮できるのがWeb媒体の特徴です。

他メディアと連動したプロモーションを行うことで、自社商品にマッチしたユーザーに情報を発信し、購入へと繋げていくことが広告戦略の鍵となります。

Services

Column

CONTACT